本誌記事一覧

本誌URL→chemodan.jp

PC版閲覧方法(How to read?!)→http://chemodan.jp/blog/howtoread/

【チェマダン No.07】最新号リンク!(中心部、黄緑枠)
1.【美術/Арт】 戦勝記念日70周年をどう祝ったか–ロシアの美術館の取り組みから考える(神岡理恵子|Rieko Kamioka)
2.【美術/Арт】 見せる服/活動する服–構成主義の衣服デザイン(河村 彩|Aya Kawamura)
3.【美術/Арт】 新しいロシアの若いデザイン–ナタリヤ・アガポヴァへのインタビュー(ナタリヤ・アガポヴァ|Natalia Agapova)
4.【美術/Арт】 イーゴリ・ヴーロフの白(八木君人|Naoto Yagi)
5.【歴史/История】 近代ロシアのツァーリ表象–「聖なるツァーリ信仰」と「個人崇拝」のあいだ?–(巽由樹子|Yukiko Tatsumi)
6.【歴史/История】 チェルノブイリから29年(中村秀隣|Hidechika Nakamura)
7.【映画/Кино】 「本を焼く者は、やがて人間も焼くようになる」–ストルガツキー兄弟『神様はつらい』(1963)からアレクセイ・ゲルマン『神々のたそがれ』(2013)へ(梶山祐治|Yuji Kajiyama)
8.【故郷/Родина】 ウズベキスタン:民衆抵抗の残り火(マクシム・マカトチェフ|Maxim Makatchev)
9.【演劇/Театр】 ロシア演劇と体制の関係:2014-2015シーズン(伊藤 愉|Masaru Ito)

【チェマダン No.06】(青色枠)
1.【美術/Арт】 マーモントフとアブラームツェヴォの芸術家コロニー(平野恵美子|Emiko Hirano)
2.【美術/Арт】 クルツィス―プロパガンダの革命家(河村 彩|Aya Kawamura)
3.【建築/Архитектура】 住宅か、博物館か―コンスタンチン・メーリニコフ邸をめぐる狂騒(本田晃子|Akiko Honda)
4.【都市/Город】 ミハイル・シェミャーキン、ペテルブルクをたずさえて(八木君人|Naoto Yagi)
5.【映画/Кино】 列車と映画のフェティシズム―アレクセイ・バラバーノフ「トロフィーム」『列車の到着』(1995年)と『フリークスも人間も』(1998年)(梶山祐治|Yuji Kajiyama)
6.【映画/Кино】 アルタヴァスト・ペレシャンと映画の時間論(赤坂太輔|Daisuke Akasaka)
7.【映画/Кино】 憧憬―児童映画『なんてこった、ナスチャ!』『未来からの客』と、その主題歌―(奈倉有里|Yuri Nagura)
8.【演劇/Театр】 メイエルホリドと日本/日本とメイエルホリド(伊藤 愉|Masaru Ito)

【チェマダン No.05】(赤紫色枠)
1.【美術/Арт】 ヴフテマス―「もの」による社会主義を目指して(河村 彩|Aya Kawamura)
2.【美術/Арт】 アート・アクティヴィスト、ピョートル・パヴレンスキー(八木君人|Naoto Yagi)
3.【美術/Арт】 ロシア・パフォーマンス・アートの現在地(伊藤愉|Masaru Ito)
4.【バレエ/Балет】 なぜロシアへ行ったのか ~ボリショイバレエ学校での日常~(長田聖良|Seira Osada)
5.【映画/Кино】 ジェームズ・ステファン『セルゲイ・パラジャーノフの映画』について(中野幸男|Yukio Nakano)
6.【映画/Кино】 映画で演じるということ―エリダル・リャザーノフの日本未公開2作品『自動車に注意』(1966年)と『仕事場のロマンス』(1977年)(梶山祐治|Yuji Kajiyama)
7.【文学/Литература】 SFとオカルト―未知なるものへの姿勢をめぐって―(宮風耕治|Koji Miyakaze)
8.【旅/Путешествие】 わたしの果てしない祖国―ロシア語と共に旧ソ連を巡る旅―(木村今日子|Kyoko Kimura)
9.【故郷/Родина】 Tuva or Bust(アヤナ・チグジト|Ayana Chigzhit)

【チェマダン No.04】(黄土色枠内)
1.【美術/Арт】 インターナショナル・アヴァンギャルドたち―戦間期の美術雑誌―(河村彩|Aya Kawamura)
2.【美術/Уметност】 「身体」ではなく「肉体」を:ヴラジミル・ヴェリチコヴィチ(八木君人|Naoto Yagi)
3.【建築/Архитектура】 ブルガリア建築史入門プラスα(早坂由美子|Yumiko Hayasaka)
4.【歴史/Historia】 ポーランド都市部におけるホロコーストの記憶の現在形―ポーランド・ユダヤ人の歴史博物館からバウカ《アウシュヴィッツヴィエリチカ》まで(加藤有子|Ariko Kato)
5.【映画/Kino】 旅するカメラマン―ヴォイチェフ・スタロンについて―(小椋 彩|Hikaru Ogura)
6.【映画/Kino】 覗き見するカメラのためらいと大胆さ―グスタフ・マハティ『エクスタシー』(1932年)と『エロチコン』(1929年)(梶山祐治|Yuji Kajiyama)
7.【思想/Mysleni】 両大戦間期プラハにおける不思議な共生(大平陽一|Yoichi Ohira)
8.【演劇/Teatr】 絶望の狂人Witkacyよ、あなたはここにいない(伊藤愉|Masaru Ito)
9.【写真/Foto】 写真家イヴァン・ピンカヴァ(宮崎淳史|Atsushi Miyazaki)

【チェマダン No.03】(紫枠内)
1.【美術/Арт】 陶芸家の秘密:クリミア・タタールの伝統=現代文化の一断面(アジゼ・アブラエヴァ|Azize Ablaeva)
2.【美術/Арт】 子供のためのアヴァンギャルド―ロシア革命期の児童書(河村 彩|Aya Kawamura)
3.【美術/Арт】 モスクワ滞在記《僕は、デモを見ていない》(丹羽良徳|Yoshinori Niwa)
4.【都市/Город】 モスクワを歩きながらスターリン時代の科学者・技術者たちを思う(金山浩司|Koji Kanayama)
5.【映画/Кино】 信じるのは映画だけ―ウラジーミル・メニショフ『モスクワは涙を信じない』(1979年)(梶山祐治|Yuji Kajiyama)
6.【映画/Кино】 競合する事実(リアリティ):十月革命十周年記念祭の映画(八木君人|Naoto Yagi)
7.【音楽/Музыка】 グリンカを現代の汽船に呼び戻す?ロシア国民オペラ「読み替え」の試み(鳥山祐介|Yusuke Toriyama)
8.【演劇/Театр】 演劇の自覚化2-1―革命後のロシア演劇における観客(伊藤 愉|Masaru Ito)
9.【演劇/Театр】 声と蝋(ヴァレリー・ゾロトゥヒン|Valery Zolotukhin)

【チェマダン No.02】(青枠内)
1.【美術/Арт】 ワジム・ザハーロフの《ダナエ》―第55回ベネチアビエンナーレ、ロシアパヴィリオン―(河村彩|Aya Kawamura)
2.【映画/Кино】 世界で一番寒い国、サハ共和国の熱い映画の歴史(梶山祐治|Yuji Kajiyama)
3.【文学/Литература】 夢か、現か:オレーシャの小説『羨望』と戯曲『感情の陰謀』(古宮路子|Michiko Komiya)
4.【文学/Литература】 写真の時代の文学:ゴーゴリ『鼻』を見る(安達大輔|Daisuke Adachi)
5.【音楽/Музыка】 現代ロシア音楽の地平(ベラ・ミルゾエヴァ|Bella Mirzoeva)
6.【音楽/Музыка】 ロシアのサウンド・アートと20世紀前半の音楽実験/現代ロシアのサウンド・アート試論(伊藤愉|Masaru Ito/アントン・ヤホントフ|Anton Yakhontov)
7.【演劇/Театр】 1927年、メイエルホリド劇場から来日したロシア人/「前衛座」(グリゴーリー・ガウズネル『見知らぬ日本』(1929)より)(伊藤愉|Masaru Ito/グリゴーリー・ガウズネル|Grigory Gauzner)
8.【理論/Теория】 異化、感触、身体(八木君人|Naoto Yagi)
9.【理論/Теория】 ボリス・グロイス「賢人としての写真家」(ボリス・グロイス|Boris Grois)
10.【理論/Теория】 エレナ・ペトロフスカヤ「写真における物質と記憶」(エレナ・ペトロフスカヤ|Elena Petrovskaya)
11.【写真/Фото/インタビュー/Интервью】 ロシア写真の「現在」をつくる?ナジェージュダ・シェレメトヴァ(ナジェージュダ・シェレメトヴァ|Nadezhda Sheremetova(FotoDepartament curator))

【チェマダン創刊号(No.01)】(緑枠内)
1.【美術/Арт】 アーティスツ・ブック― ミハイル・カラシク―フォト・ブック(大平陽一|Yoichi Ohira)
2.【美術/Арт】 ロシア・アートガイド(河村彩|Aya Kawamura)
3.【映画/Кино】 水没する両首都のメトロ― ドミートリー・スヴェタザーロフ『決壊』(1986年)とアントン・メゲルディチェフ『メトロ』(2012年)(梶山祐治)
4.【音楽/Музыка】 Sonic Death: サンクトペテルブルグ発ガレージ・ゴシック(ベラ・ミルゾエヴァ|Bella Mirzoeva)
5.【音楽/Музыка】 A. バラバーノフ『フリークスも人間も』を観て(阿部海太郎|Umitaro Abe)
6.【演劇/Театр】 旧ソ連国の演劇事情紹介(リトアニア共和国とモルドヴァ共和国)(ヴィクトリヤ・イヴァノヴァ、ライサ・チュレア|Viktorija Ivanova, Laisa Turea)
7.【演劇/Театр】 演劇の自覚化― メイエルホリドとビオメハニカ(伊藤愉|Masaru Ito)
8.【理論/Теория】 異化は宣する、「わかること」ではなく「見ること」を! ……でも「見ること」って??(八木君人|Naoto Yagi)
9.【理論/Теория】 写真における物質と記憶:ボリス・ミハイロフの新しいドキュメンタリティ(エレナ・ペトロフスカヤ/八木君人|Elena Petrovskaya/Naoto Yagi)
10.【写真/Фото/インタビュー/Интервью】 アンナ・ブローク― 写真の背後にあるものを求めて(Anna Block/聞き手:コンスタンチン・ラドヴィシェンコ|Konstantin Ladvischenko)
11.【写真/Фото/インタビュー/Интервью】 北島敬三『USSR1991』インタビュー(北島敬三/聞き手:河村彩|Keizo Kitajima/Aya Kawamura)

【チェマダン創刊準備号(No.00)】(赤枠内)
1.【美術/Арт】 「集団行為」の時空間(河村彩|Aya Kawamura)
2.【映画/Кино】 画面は語る―ワシーリー・シーガレフ『生きる』(2012年)を中心に―(梶山祐治|Yuji Kajiyama)
3.【演劇/Театр】 演劇大国の変容(伊藤愉|Masaru Ito)
4.【理論/Теория】 つねに喪われていく、あの生の感覚を取り戻すために。(八木君人|Naoto Yagi)
5.【写真/Фото】 現代ロシア写真―生の声(オリガ・マトヴェエヴァ|Olga Matveeva)

注)04号まではpdf版でもお楽しみいただいていましたが、04号でのリニューアルに伴い、pdf版は一旦停止いたします。
 http://chemodan.jp/
_chemodan_no04_title_B
Share on Facebook