アルバイツ・コレクチフとロシアのデザイン

2015年秋に発刊された『チェマダン』07号では「新しいロシアの若いデザイン」と題する、デザイナー、ナタリア・アガポヴァへのインタビューを掲載しました。 ここでは彼女が参加していたデザイナー集団「アルバイツ・コレクチフ」 …

ミハイル・シーシキン、トークイベント

【お知らせ】8月9日(日)20:00〜 ロシア人作家ミハイル・シーシキンのトークイベントがあります(無料です)。   現代ロシア文学を代表するシーシキンの作品は、20以上の言語で翻訳出版されています。 日本語で …

ロシアとウクライナの境界線(翻訳記事)

演劇雑誌Teatral(チアトラル)に昨年6月に掲載された記事の翻訳をお届けします。 「ロシア語」とどのように接していくか、ある意味でウクライナ固有の問題と言えます。日本人には少し想像しづらいウクライナ語とロシア語の問題 …

モスクワに住む若い夫婦との雑談(後半部)

前回の続きです。前回途中で切ってしまっていたので、前回の終わり部分も少しですが前半部のポストに書き足してあります。今回は主に政治の話です。少し情報が古いですが、このインタビューは2014年7月末に行いました。 後半

[ …

ニュー・インターナショナルかポスト・グローバルか?–ケイト・ファウルとボリス・グロイスとの対談

2014 年夏、モスクワの美術館「ガラージュ」にて「ニュー・インターナショナル」展が開催された。そのときに行われた批評家ボリス・グロイスと展覧会のキュレーターであるケイト・ファウルとの対談の翻訳をお届けします。 2014 …

モスクワに住む若い夫婦との雑談(前半部)

ロシア人の若い夫婦とのインタビューを模した雑談。二人は地方出身で現在はモスクワに住んでいる。前半と後半に分け、今回は前半です。   ****************** グレブ:グレブ、28歳です。エカテリンブ …

CHEMODAN5号関連動画

本誌Chemodan5号(http://chemodan.jp)の八木君人「アート・アクティヴィスト、ピョートル・パヴレンスキイ」、伊藤愉「ロシア・パフォーマンス・アートの現在地」で言及したアクション、パフォーマンスを動画で紹介します。

アレクセイ・ゲルマンインタヴュー『もう、うんざりだ』(インタビュー翻訳記事)

今回、工藤なおさんに、昨年、惜しまれつつも逝去したアレクセイ・ゲルマン監督のインタビュー記事の翻訳を寄せていただきました。なお、この夏までペテルブルクに留学されていた工藤さんは、ご自身でもたいへん充実したブログを開設して …