ロシア演劇界タイムライン(2022年2月24日-)5ヶ月目

凡例

タイムラインはテアトル誌を踏襲し、時系列を遡る形で記している(新しい情報が上)。

訳者による割注は〔〕で記している。

人名におけるアクセントの音引きは、基本的には表記しない。

【概要】はこちら
【第1週】はこちら
【第2週】はこちら
【第3週】はこちら
【第4週】はこちら
【第5週】はこちら
【第6週】はこちら
【第7週】はこちら
【第8週】はこちら
【第9週】はこちら
【第10週】はこちら
【第11週】はこちら
【第12週】はこちら
【第13週】はこちら
【4ヶ月目】はこちら

 

 

ロシア演劇界タイムライン(2022年2月24日-)5ヶ月目

Театр.誌原文(5ヶ月目)

(翻訳:守山真利恵、伊藤愉)

▶︎公開:7月27日20:25
▶︎更新:


2月24日、テアトル誌はウクライナ領の状況に関連するタイムラインの記録を開始した。

*Roscomnadzor(ロシア連邦通信・IT・マスメディア監督庁、Federal Service for Supervision of Communications, Information Technology and Mass Media)はロシア軍によるウクライナ各都市への砲撃やウクライナ民間人の犠牲関する情報、および進行中の作戦を攻撃・侵略・宣戦布告と呼ぶ資料は現実に即していないとみなしている。


編集部は週ごとのタイムラインを月ごとのタイムラインに切り替えることに決めた。だが、私たちは近いうちにこうしたタイムラインを公開する必要がまったくなくなることを望んでおり、それを信じている。


7月10日

10.15.
ポリーナ・アグレエヴァは「ピョートル・フォメンコ工房〔劇場〕」の同僚たちとともに、ドンバスを訪問した。彼女はドネツクや二つの非承認共和国にあるいくつかの都市でвыступила。
地元メディアのインタビューでアグレエヴァは次のように語った。「今回14歳から22歳の若い人たちと会いました。ルガンスク人民共和国とドネツク人民共和国の住人たちは並外れた勇気と忍耐力の例として歴史に名を残しました。もちろん、その苦しみは報われなければならないのです。私たちには勝利しかありえません」。


7月8日

12.00.
9月以降、モスクワ芸術座におけるドミトリー・クルィモフの演出作品『セリョージャ』でのカレーニナの役は、アナトリー・ヴェールイに代わって、コンスタンチン・ハベンスキーが演じる。モスクワ芸術座の公式SNSで告知された。
とりわけ彼が参加することになる上演は、9月5,6日のクラスノヤルスクでの巡業で、当地で『セリョージャ』はゴールデン・マスク賞のプログラムの開幕作品となる。モスクワ芸術座の舞台では、同作品は9月14日と19日に上演される。
9月に予定されているモスクワ芸術座のそのほかの作品にも、アナトリー・ベールイは出演しない。テアトル誌のモスクワ芸術座に近い情報源によると、ベールイはモスクワ芸術座を自らの希望で辞し、国外に出たとのことである。


7月4日

22.15.
近い将来ロシアには戻らないことをこの春に決めていた演出家ドミトリー・クルィモフが、アントン・ドーリンのインタビューの中で、リガでの新しい作品のリハーサルに参加したことを語った。新リガ劇場のレパートリー に入ることになるこの演目には新リガ劇場の俳優たちが出演し、その中にはチュルパン・ハマトヴァもいる。3月に新リガ劇場芸術監督のアルヴィス・ヘルマニスはロシアを離れたハマトヴァを劇場の所属女優となるよう招き、6月にはラトヴィアの舞台で第一作目となる共同作品を発表した。モノドラマ『Post Scriptum』はドストエフスキー『悪霊』の中の一章とアンナ・ポリトコフスカヤのテキストに基づいており注目すべき文化的出来事となった。とりわけこれを高く評価したのがドミトリー・クルィモフだったのである。
アルヴィス・ヘルマニスは自身のSNSでインタビュー動画を公開し、コメントを添えている。「ええ、それは本当です。最良のロシア人演出家のドミトリー・クルィモフは新リガ劇場で芝居のリハーサルを開始しました。詳細はシーズンのはじめに発表します」。来るべき初演はクルィモフとハマトヴァの初めての協働となる。

18.30.
TASS通信によると、下院市民社会発展委員会副議長のオリガ・ザンコ(統一ロシア党)が捜査委員会にロシア人作曲家のアレクサンドル・マノツコフの行動について、法的評価を行なうよう依頼した。彼女によれば同作曲家は、ウクライナ軍を自身のSNS上で支持し、それにもかかわらず国内の劇場から多くの仕事を受けている。
TASS通信は次のように議員の言葉を引いている。「例えば、2022年5月24日に120万ルーブルで音楽作品を作る契約を、州立文化機関である「ペルミ・アカデミー劇場シアター=シアター」と結んでいます。それにもかかわらず、このロシア人作曲家は自分のSNSで、どうやったらウクライナ軍を支援できるか、ということを話しています」。
オリガ・ザンコは、捜査委員会代表のアレクサンドル・バストルィキン宛てに議員質問を送ったと言明している。

16.00.
クスバス(ケメロヴォ州)のジャーナリストでテアトル誌の執筆者でもあるアンドレイ・ノヴァショフの引き続きの審理がプロコピエフスクで開かれた。同氏はロシア連邦法 第207条3項1号(国外でのロシア軍の行動に関する虚偽情報の意図的な拡散)について起訴されている。プロコピエフスクのジャーナリスト、ヴィリ・ラヴィロフが本誌編集部に語ったところによると、これまでの二回の審理と同様に検事側の証人が出廷した。Eセンター(ロシア内務省過激派対策本部)の職員グレブ・シェフツォフは、ノヴァショフの投稿が「反政府主義」であったため、これを刑事告訴の根拠として報告したと述べた。他の証人の証言について、弁護士のマリヤ・ヤキナは多くの欠陥と矛盾を指摘したが、これら全てが裁判官オリガ・ルチャンキナによって「本件との関係なし」と却下された。
アンドレイ・ノヴァショフは3月21日に拘束されている。VKontakte〔ロシアのSNSサービス〕への投稿が原因で、最大3年の勾留の危機にある。現在、ノヴァショフは自宅におり、裁判所の決定により「タイガ・インフォ(Тайга.инфо)」および《シベリア/リアル(Сибирь. Реалии)》を運営する「ラジオ・スヴァボーダ」の記者と接することを禁じられた(いずれもロシアで外国エージェントに指定されている)。また、母親、弁護士、予審判事への電話をのぞき、インターネットや電話を使用できない。また、人の集まるイベントに参加することや郵便物の発送も禁じられている。


7月1日

19.10.
サチリコン劇場の「かもめ」の上演に先立ち、同作の演出・出演のユーリ・ブトゥソフが客席にメッセージを述べた。「私たちはこの作品を、破壊された「ゴーゴリ・センター」の仲間たち、信念を同じくする彼らとの連帯と支持の証として上演したいと思います」。この後、公演会場のワフタンゴフ劇場の1000人規模の客席では数分間にもおよぶ拍手が鳴り響いた。


6月28日

12.39. 
俳優のセルゲイ・ガルマシがヘルソン州立劇場の復興計画に参加。TASS通信がヘルソン州軍民行政府トップのヴラジミル・サリドの発言を用いて伝えた。
ヴラジミル・サリドの発言によると「故郷であるヘルソンに私たちの友人で、全ロシアが敬愛する俳優の一人であるセルゲイ・レニオドヴィチ・ガルマシがやって来ました。昨日、彼は私のところに来て、私たちの劇場の復興計画に参加する旨を伝えてきました」。
セルゲイ・ガルマシは1958年9月1日にヘルソンで生まれ、当地でそのキャリアをスタートさせた。1977年にドネプロペトロフスキー国立演劇学校人形劇俳優専攻を卒業し、その数ヶ月後にヘルソン州立人形劇場で働きはじめた。



Leave a Comment